Monthly Archive: 7月 2017

歯周病治療はまず手稲の歯科なら歯周内科療法

もしかして歯周病かもしれないと感じる時はあるかもしれません。
歯磨きはきちんとしているから大丈夫と思っていても、予備軍を含めると8割が歯周病といいます。
それは手稲の「小泉歯科医院」で言われていることですが、怖いものです。
歯科が怖いというより、歯周病を怖がった方がいいでしょう。
歯磨きは丁寧だとしても、絶対はないのでどうしても歯科は必要になるのです。
何をするかが怖いから通えない、そういった人もいますが、まずは診てもらうことです。
大切な歯ですから、歯周病治療はまず手稲の歯科なら歯周内科治療を行うのです。
どういったものなのかというと、歯茎を開いて歯石を取る外科的方法ではありません。
まずは、文字通り内科からなので、抗生剤の服用による除菌で文字通り歯周内科治療なのでした。
患者に不安感を与えない方法をまずは取っている「小泉歯科医院」なのでした。
歯を支える骨が溶ける病気のことを、歯周病というので、怖いことといえます。
そうなる前に、もしかしたらと思い、手稲の歯科で診てもらうことが大切でした。
予備軍の段階でも、そうでなくても歯科の必要性は大きいですから、受診することがもちろんいいのでした。
ただ治療するのではなく、位相差顕微鏡を使用することで、まずは口の中の菌の状態を確認なのです。